FC2ブログ
pisonは、しがない介護福祉士。 家に帰れば「人生」に付随するあれやこれやに翻弄されつつ、お年寄りの前では明るく歌うリンゴの歌。
プロフィール

pison

Author:pison
pisonは一女三男の母。(うち1人は早々天国でPisonを待ってる)
仕事は介護福祉士。
若い人にはぜんぜんもてないけれど、白内障ぎみのお年寄りの目からはしごく美人に見えると評判。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ただ今2012年12月25日午前2時。
まさしくクリスマスです。

クリスマスの意味を知ってお祝いしている人って案外少ないかもしれません。
ケーキを食べてプレゼントをもらう日だと思っている人も多いかもしれません。

私がクリスマスが何の日であるか本当の意味で知ったのは高校生の時に通い始めた教会の初めてのクリスマスでした。

あれからもう30年以上がたちます。
キリストがベツレヘムで生まれたのは正確には何年なのかわかっていないらしいのですが、ほぼ二千年前のことだったんですね。

二千年前のユダヤの馬小屋での出来事は耳にタコができるほど聞いてきたけれど、あらためてじっくり思いをはせると、ほんとうに貧しい粗末なところへ神の御子は誕生したのだなぁ・・・と。
そして、最も身分の低い羊飼いたちに真っ先にこの出来事が知らされたということ。
羊飼いたちも会いにいけるようなところに救い主が生まれてきてくれたことに神さまの配慮を感じます。

聖書を読むと、その難解さとまた一方本当に単純な(←ただ信じることだけが救われる方法)教えに驚きます。

イエスさま、このような罪人の世界に生まれてきてくださり、すべての人の救いのために十字架の死をもってあがなってくださったことをありがとうございます。

スポンサーサイト
日曜日です。
すばらしく熱心な信徒とは言いがたい私ですが、日曜礼拝には必ず行くようにしています。
先週は義兄から姑が入院したとの連絡が入り、病院へ馳せ参じたので礼拝は出られませんでした。
そして今日は住んでいるマンションの総会。
去年は旦那さんが出てくれたけど、今回は彼はサイクリングいきたそうだし・・・。
飼っている犬の鳴き声で住人に痛く怒られた件もあり、こういう時に欠席するのはあまりあかしにならないかなぁ・・・などと悩む。

忍法分身の術が使えない身としては、どちらかを選ぶしかないのである。
マンションの総会は一年に一回しかないので仕方なくそちらに出ることにした。

でも、どうしても礼拝に行きたい。
パソコンで夕礼拝のある教会を探す。
案外簡単に見つかるかと思いきや、これがなかなか無いのである。
結構焦り始めた頃、KO線沿線にめっけた!電話して確認を取る。

夕方5時からの礼拝にむけて12月とは思えない暖かい街を早歩きで初めての教会へ向かう。
なんとなく気持ちがルンルン。
どんなところかわかんないけど、私が育った教派と同じバプテストだし、なんか本能できっと良い所だという確信みたいなものがある。

駅の繁華街から少し離れた住宅街の一角にあった教会は広く間口があいて入りやすい雰囲気の教会でした。
女性牧師の先生が迎え入れてくださり、なんだか初めてきたのに初めてではないような気がしました。

簡素でありながらしっかりした会堂をぐるりと眺めて先生にどのくらいの歴史があるのかとお尋ねすると
49年で、来年50周年を迎えるとのこと。
まあ、私とおない年!!
なんだかとっても親しみを感じてしまいました。

今日は、第一アドベントということでマタイの福音書の一章からイエスキリストの系図の説教でした。
イエスさまは、ユダヤ人も異邦人も、男も女も、聖人も罪人もすべての人のためにこの世界へ来られたという説教。
もうすぐクリスマスです。
今日心を静めて礼拝をもてましたことを神さまに感謝して帰宅しました。

はじめておじゃましたにもかかわらず、機関銃のようなオバサントークにお付き合いくださった牧師ご夫妻にも感謝します。

// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。