FC2ブログ
pisonは、しがない介護福祉士。 家に帰れば「人生」に付随するあれやこれやに翻弄されつつ、お年寄りの前では明るく歌うリンゴの歌。
プロフィール

pison

Author:pison
pisonは一女三男の母。(うち1人は早々天国でPisonを待ってる)
仕事は介護福祉士。
若い人にはぜんぜんもてないけれど、白内障ぎみのお年寄りの目からはしごく美人に見えると評判。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一週間ほど新聞も目を通さなかった。
それほど余裕というモノが無かった日々だったような気がする。
仕事も今までは余裕で退勤時間を待って帰るようなのが常だったのに、なぜかこの頃は頑張っても仕事が終わらなかった。
休みの日は姑の病院へ行ってアレコレ。
ケアマネさんと打ち合わせしたり、空いてる老健(リハビリの出来る施設)に連絡したり。
病院から慌てて中学校の三者面談に急行したり。
本当に忙しかった。

ただでさえ、仕事から帰って夕飯を用意しながら上の息子の退勤時間に合わせて迎えの車を出したりその合間に犬の散歩をするだけで夜は押せ押せになる。

とにかく、毎日やるべきことをこなすのにアタフタ動き回っていた感じだった。
せっかく再開した筋トレもなかなか行くことができない。
夜は、夕飯を食べると椅子に座ったまま居眠りをするので見かねた旦那さんが皿を洗うしまつ。
それでも旦那さんは4時半起きの5時には家を出るので、実際旦那さんの方がずっと労働時間は長いんです。
申し訳ないなぁ・・と思いつつ自分の身体のコントロールが出来ない状態だった。

姑も病院で寝たきりで今後どうなるのか気になる。
姑はどこかに入所しても大丈夫のような貯金があると以前義兄が言っていたので安心していたら、兄嫁がお姑のさん自身の貯金であるにもかかわらず、一円も出したくないと言ってるらしい。
義兄から聞いて正直ぶったまげた。
姑の食費雑費を出してきたことで、相当頭に来てるらしいです。
「私たちが養ってきて作った貯金だから、私たちのものだ。」
とのこと。

でもさ、姑の土地に住んできたから家賃も要らなかったわけだし、姑の食費雑費くらい大家さんに家賃払っていたと思えば黒字なのでは?
いままで姑は元気で何も手助けもいらなかったし・・・。

姑にはいままでお金をいっぱい出したんだぞ!と言う義兄に対して、そういう意味で言えば、子供を三人学校だしながら、(義兄夫妻には子供はいなくて共働き)どこからも援助なしで家賃やマンションのローンを払って生活して来た中で姑にお小遣い(食費雑費は長男が出すから、お小遣いは次男の担当と義兄が決めた約束)をあげ続けてきた私たちだって大変だったんだよ。って喉元まで出て言えなかった。
兄弟でお金の話をしたくなかったし、家賃負担が無かったとは言え、姑との同居というメンタル部分では義兄達も苦労したのだろうという負い目があったから。
でもそのうち土地は義兄たちがもらうんだろうしそんなにケチケチしなくたっていいのになぁ。

しかし、姑の貯金が減るくらいなら一刻も早く退院させて自宅ですごさせたい。というお姉さんの考えに賛同することはできない。
一日一回オムツを替えて御飯枕元に置いておけばすむとおっしゃっているのだから、このまま家に帰ったらその後はおおよそ想像できるもの。
だいち、20年あまり顔見るのも嫌で一切口をきかなかったのに、シモの世話なんて無理だと思う。
病院からリハビリ出来る施設に移って、自分のことは自分で出来るようにしてから自宅に帰るほうがみんなが幸せに暮らせるはず。

病院のソーシャルワーカーさんに相談してもやはり同じ意見で、私の職場のケアマネがとても良い施設に空きを見つけてくれたのでもしかしたらそこに入れるかもしれません。
入りたい時に空きがあるなんて滅多にないのです。
ソーシャルワーカーさんも在宅のケアマネさんも異口同音に
「とにかく、その空きを押さえて!!」
とおっしゃるので、そのとうりにしておくつもりです。

年寄りを持つということ。
健康が失われるってこと。
そして
お金のこと。
これからもずっと付いてまわることなんだろうな。

クリアしていけるだろうか????
と考えつつ、せめて姑いわく
「何も良い事が無かった人生。」
の終盤くらい自分の守ってきた貯金で気兼ねなく介護されることができたらいいと思う。

スポンサーサイト
<< 人生の終わりに // HOME // 夕礼拝 >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://pison.blog60.fc2.com/tb.php/1410-9eb7a956
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。