FC2ブログ
pisonは、しがない介護福祉士。 家に帰れば「人生」に付随するあれやこれやに翻弄されつつ、お年寄りの前では明るく歌うリンゴの歌。
プロフィール

pison

Author:pison
pisonは一女三男の母。(うち1人は早々天国でPisonを待ってる)
仕事は介護福祉士。
若い人にはぜんぜんもてないけれど、白内障ぎみのお年寄りの目からはしごく美人に見えると評判。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
仕事でミスをしてしまった。

ひとつ間違えれば命にかかわるようなこと。

誰にも責められなかったけど、連絡帳見てそれは自分のミスだって気付いた。

その日、私はこの件に関して嫌な予感がしていたのに・・・・。

こうなることはわかっていたのに

どうしてやっちゃたんだろう???

私ってそういうことを何年かにいっぺんくらいの確立でしでかす。

どうしてか、わかっているのにやっちゃうんだ。

自分で自分を信用していないから仕事に行く前の日はすごく緊張する。

なにかやっちゃうかもしれない・・って心配で。

で、やっちまったのだ今回。

なんで?
どうして?
わかってるのにこういうことをしちゃうかな?

余計なことはいっぱいしゃべるくせに肝心なことは言わないかな?

自分で自分が許せないし、恥ずかしい。

もし、このミスが公にならなくてもずっと私は恥じ入り続けるだろうな。

こんなあったりまのこと、どうしてやっちゃうんだろう。

時々自分が何かの魔法に掛かってるような気がする。

煮えたぎった油に「これは熱いんだ・・」とわかっていながら手を入れるような。

コレをしてはいけないんだよ。そうわかっていながらしてしまうような。

一言周りにいっておくべきだよ。そういう自分の声を聞きながらだまっているような。

昔、小学校5年生の時に、渋滞している車の列から(飛び出したら反対車線の車にはねられる)と思いながら飛び出して見事にはねられたことがあった。

私は基本的に自分を信用していない。

こいつはいまにきっとなにかドジを踏むって思ってる。

だから緊張しながら生きてるんだけど、その緊張感が続かないからどっひゃー!ということを時々してかす。

疲れる。

しんどい。

でも、そんな変な頭を乗っけながらいきていくしかない。

スポンサーサイト
<< タイトルなし // HOME // はあ・・・・ >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://pison.blog60.fc2.com/tb.php/1447-6be64177
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。