FC2ブログ
pisonは、しがない介護福祉士。 家に帰れば「人生」に付随するあれやこれやに翻弄されつつ、お年寄りの前では明るく歌うリンゴの歌。
プロフィール

pison

Author:pison
pisonは一女三男の母。(うち1人は早々天国でPisonを待ってる)
仕事は介護福祉士。
若い人にはぜんぜんもてないけれど、白内障ぎみのお年寄りの目からはしごく美人に見えると評判。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そんなわけで、姑さんは生活が新しい環境に変わりそうです。

そして、その後娘から電話が入りまして。
彼女は昨日が働いていた職場の退職日でした。

頑張ってまんまるお腹の九ヶ月まで働きました。
いったい何年働いたのか考えていなかったのですが、聞けば二十歳で就職したのでカレコレ5年以上働いていたんだそうです。

へえ~そんなに長くなっていたんだぁ~
思えば、彼女は短大を卒業し、初めはある歯医者さんの事務兼助手をしたんだけど、そこのセンセイと合わなくて、センセイは彼女のようなおっとりした子は嫌いだったようで、いじめのような仕打ちになってしまい、それでも結構根性で頑張っていたんだけど、センセイの
「君のいる存在価値ないよね?」
の言葉にとうとう心折れて辞めて入った所が今の職場でした。

職場の先輩方がみんな包容力があって、ことあるごとに
「○○ちゃんは、良い子ですよ。」
「よく働いてくれて助かってますよ。」
と褒めて育ててくれました。
自信というものがどれほど人を育てるのか、言葉の力ってすごいです。

小さい頃から「しゃべれない病気なの?」とお友達から言われるほど大人しかった娘がそんなわけでデパートの店員で接客するようになったんですから。
特にお年寄りから評判が良くて、また同じフロアの年配の同僚さんたちからも可愛がって頂きました。

そしてシンジラレナイことに、あの男嫌いのクセに面食いの娘がここで今の旦那さんを見つけてゴールインしちゃったんですから、人生てわからぬものです。
婿さんは、就職が決まっていたけど暇だったので入社までの間、娘の職場にアルバイトに来ていたのが出会いでした。

「カッコイイ人が入ってきたの。」
という娘に
「ハヨ、メルアド聞くんだよ!」
とお尻叩くも
「そんなハシタナイ・・」
という歯がゆい娘でした。

ある日お昼休みに休憩室で娘の持っていた『源氏物語』見て文学部出身だった婿さんが
「源氏物語ならボク詳しいですよ。」
と声を掛けてくれたのが始めての私的な会話だったとか?

あれよあれよ言う間にくついちゃった二人。
良かったですよ。嫁にもらってくれる人がいて。
娘とはよくバトルを繰り広げていた私ですから、適当な距離をとって娘が幸せでいてくれるのが一番いいことなんです。

娘は姑さんとの方が素直に甘えられるようです。
舅さんとも馬があって、よくあちらのうちに泊まったりしていました。
あちらのご両親は孫を渇望してるらしく生まれたらはるばる面倒を見に来てくれるそうです。

なんて幸せな・・。
というわけで、私は出産の前後も仕事を休まないで大丈夫らしいです。

まだ孫が出現することに実感が湧かない私です。
孫だなんて、未知との遭遇です。
でも、かわいいんだろうなぁ。
まずは、無事に生まれることを祈るばかりだわ。

とにかく、5年数ヶ月のお勤めご苦労さんでしたね、○○ちゃん。
ヘンなお客もいっぱいいて、それもある意味良い経験になったよねぇ。←お客は王様で店員は下僕みたいな~
でも、良い人にいっぱい囲まれて良い年月を過ごしたね。

仕事辞めたからって運動不足になって体重増やしすぎないでよ~
めざせ安産!!
スポンサーサイト
<< 今日もてんやわんや // HOME // 強運の姑さん! >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://pison.blog60.fc2.com/tb.php/1476-ac659464
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。